エム・ディー精密は高精度なプレス金型部品で高い評価をいただいています。設計・製作・組み立て・トライ量産までの全工程に内製で一貫対応できるのが弊社の強みです。社内教育と経験を積んだ精密プレスのエキスパートによる高い技術力で、お客様のニーズにお応えします。ここでは、高精度プレス金型部品を内製加工する弊社の品質管理体制・技術力向上の取り組みをご紹介します。

エム・ディー精密の品質管理体制

Precision Quality

エム・ディー精密は創業以来「精密加工」「高精度」を追求し続けているモノづくり集団です。高精度プレス金型部品・精密プレス製品の加工精度はもちろん、精密プレスのエキスパートによる厳しい品質管理によりキズ・打痕を一切見逃さず、お客様の信頼を損なう製品は絶対に出荷させない体制を確立しています。

プレート案件は3次元測定器を使用し、ピッチ、平面度、WEDM形状の測定を実施いたします。また、部品・プレート共に各工程の作業者が最終検査者という意識を持って作業前と作業後図面を比較し、確認を徹底しています。さらに、出荷前にも梱包担当者が図面と製品を比較し、確認してから梱包いたします。

品質保証はお客様からのご要望が年々厳しくなっている印象です。弊社ではお客様のあらゆるご要望にお応えできるよう、準備できることは日々積極的に取り組んでいきたいと考えています。今後も新しい測定の検討など、品質管理の仕組みづくりへの取り組みを行ってまいります。

技術力向上の取り組み

improve

多様化するお客様の様々なご要望にお応えするためには、経験豊富かつ高い技術力を持った技術者が欠かせません。そのため弊社では社内研究会や技術講習会などを定期的に実施し、従業員同士が切磋琢磨して技術力を磨ける環境を整備しています。

従業員の技術力を高める上で月に一度、社内で金型・加工の勉強会を実施します。金型や加工の原理原則を学ぶことで個々の専門知識の向上を図り、工程不良の低減を図るのが狙いです。業務に必要な技術はOJT主体に前期後期に分け、計画を立て実施しています。今後は国家資格である技能検定を工程ごとに受験する予定です。

何よりも従業員一人ひとりの『覚えたい』『やってみたい』というチャレンジ精神が技術力の向上に繋がると考えています。その気持ちを引き出し、より高い加工技術を習得できる環境を構築してまいります。

お客様のニーズに合った高精度プレス金型部品の内製加工はお任せください

エム・ディー精密は精密金属プレス金型部品の設計から試作、量産までをワンストップで行う会社です。創業から積み重ねてきた部品加工や金型の確かな技術力、パーツ修正等も迅速に対応するフットワークの軽さは、お客様に一定の評価をいただいています。

豊富な実績で培った技術力、それらを支える充実した設備力であらゆる工程を自社で完結させ、お客様のコスト削減・負担軽減を実現いたします。高精度なプレス金型部品をお求めの際は、お気軽にお問い合わせください。

高精度プレス金型部品のお求めはエム・ディー精密

会社名 株式会社エム・ディー精密 英文社名:MD Precision CO., LTD.
代表取締役 立原 賢治
設立 1998年(平成10年)1月6日
資本金 2,700万円
住所 〒318-0004 茨城県高萩市上手綱3641−48
TEL 0293-23-8255
FAX 0293-23-8256
米沢工場住所 〒992-0021 山形県米沢市花沢3123−18
米沢工場TEL 0238-49-7561
米沢工場FAX 0238-49-7562
URL https://mdprecision.jp/
事業内容 精密金型部品製造加工、精密金属プレス金型設計製作、精密プレス加工製品生産
従業員数 53名