エム・ディー精密は創業以来、精密金属プレス加工ソリューションカンパニーとして顧客のあらゆるニーズに対応してきました。金型設計から部品製作、組み立て、試作、量産まで厳しい品質管理のもと一貫生産体制にて、自信とこだわりを持って高品質な製品をお届けします。ここでは精密金属プレスの製造設計から加工、納品までの流れと加工事例をご紹介します。

製造設計から納品までの流れ

manufacturing design

精密金属プレス加工の製造設計から加工、納品までの大まかな流れは以下のとおりです。

1.お見積り・打ち合わせ

お客様からお電話もしくはメールにてお問い合わせをいただきます。担当スタッフがお客様のご要望やお困りごとをヒアリングさせていただき、ご依頼内容に基づいてお見積りと最短納期をお伝えします。

2.金型設計

お見積りと納期にご納得いただけましたら、金型の構造や品質等の打ち合わせを行い、最短納期に向けて金型設計や加工データを作成させていただきます。

3.金型加工

実際の加工には前処理や研磨加工、マシニング加工、ワイヤ加工、プロファイル加工など複数の工程があります。仕上げに加工した金型部品を組み立てて工程検査・出荷検査を行います。

4.プレス試打ち

実際に成形し、動作に問題がないかを測定や目視で確認します。

5.納品

完成した製品は、事前に綿密な検査を行った上で出荷納品させていただきます。

以上の工程は一般的な例であり、お客様のご要望に合わせてオーダーメイドでプロジェクトを進めてまいります。精密金属プレス加工に関わることであれば何でもご相談を承りますので、お気軽にご連絡ください。

精密金属プレス加工事例

Drawing

1.絞り加工

絞り加工では、汎用サーボプレス アイダエンジニアリング DSF-C1-1500Aを使用して加工しています。

Punching

2.抜き加工

材質C5210R-H t0.20、日本電産シンポアネックス30のプレスを使用して加工しています。

bending type

3.抜き+曲げ型

材質コルソン、板厚0.15mm、製品ピッチ0.5mm

アネックス40を使用して加工しています。

導入しているプレス機は以下のとおりです。

高速精密自動プレス キョーリ(ANEX-30Ⅱ・ANEX-40Ⅱ)

キョーリのANEXプレス機は、高性能と操作のしやすさが世界中から高く評価される高速精密加工に最適なプレス機です。自動高速ブランキング加工と曲げ加工に対して、一貫した正確さと精度を提供します。

汎用サーボプレス アイダエンジニアリング DSF-C1-1500A

世界に先駆けてサーボプレスを発売するアイダが、最先端のサーボ技術を結集させて生み出した進化型サーボプレス機です。新開発のACサーボモータを搭載しており生産性・操作性・省エネ性能に優れています。

精密金属プレス加工・高精度金型パーツの幅広いご要望にお応えします

精密金属プレス加工・高精度金型パーツの加工はエム・ディー精密にお任せください。当社の社訓は「少数精鋭」「積極・親切・安全」「納期・品質・価格を守る」の3つです。豊富な経験と実績で培った確かな技術力、充実した設備力を最大限に活用し、ますます高度化・多様化するお客様のニーズにお応えできるよう日々研鑽を重ね、迅速・的確なサービスを追求し続けます。精密金属プレス加工や高精度金型パーツのあらゆるニーズにお応えしますので、お気軽にご相談ください。

精密金属のプレス加工・設計会社 エム・ディー精密

会社名 株式会社エム・ディー精密 英文社名:MD Precision CO., LTD.
代表取締役 立原 賢治
設立 1998年(平成10年)1月6日
資本金 2,700万円
住所 〒318-0004 茨城県高萩市上手綱3641−48
TEL 0293-23-8255
FAX 0293-23-8256
米沢工場住所 〒992-0021 山形県米沢市花沢3123−18
米沢工場TEL 0238-49-7561
米沢工場FAX 0238-49-7562
URL https://mdprecision.jp/
事業内容 精密金型部品製造加工、精密金属プレス金型設計製作、精密プレス加工製品生産
従業員数 53名