高精度プレス金型部品加工に欠かせないのが、ワイヤ放電加工機などの設備です。エム・ディー精密では先端設備の積極的な導入により、様々な顧客ニーズに対応しています。モノづくりの現場で活躍する最先端設備と、プレート・パンチ・ダイ等のプレス金型部品加工事例をご紹介します。

高精度加工を実現する導入設備

岡本工作機械製作所 精密平面研削盤 PSG84CA1

岡本工作機械製作所は、平面研削盤の国内トップシェアである総合砥粒加工機メーカー。オーバーハングレスT型フレーム一体構造、高剛性ガイド構造を前後送りに採用した平面研削盤です。業界最高クラスのコラム型高剛性マシンにより、精密平面研磨加工が可能となりました。

  • Flat Grinding Table
  • Flat Grinding Table

和井田製作所 CNC成形研削盤 PGX-2500N/PGX-2500SP

金型部品・切削工具用研削盤のトップメーカーである和井田製作所は、研削技術を基礎とする「高品質」「高精度」「高能率」な研削盤で高い評価と信頼を得ています。CNC成形研削盤PGX-2500N/PGX-2500SPはタイバー研削や微細な加工を得意とする、精密微細加工に欠かせない高性能研削盤です。

その他以下の設備で加工を行っています。

  • 三菱電機 PA05Sアドバンス(ワイヤ加工機)
  • アマダマシンツール MEISTER-V3(平面研削盤)

プレス金型加工の作業の流れ

設計から部品製作・組み立て・試作・量産までをワンストップで提供できる一貫生産体制が弊社の強みです。プレス金型部品加工の作業の流れは、一般的に次のようになります。

プレート加工

素材購入→マシニング加工→熱処理→粗研磨→ワイヤ加工→仕上研磨→検査・梱包

部品加工

素材購入→切断→6面加工→仕上げ研磨→電着加工→プロファイル→検査・梱包

このワンストップの一貫生産により工程管理コストを圧縮し、高品質な製品の安定供給を実現しています。徹底した生産管理と品質管理でコスト・品質・生産性を改善するプレス金型加工をご提案します。

プレート・パンチ・ダイ等の金型部品加工事例

New connector

新型コネクタ端子金型ストリッパプレート サイズ:350×160×20

MP2400(超高精度仕様)、ワイヤ加工機CA-1を使って表面を研磨します。

Carbide punch

コネクタ端子金型用超硬パンチ(左:芯φ0.5mm、右:刃先幅0.09mm)

PG加工機(PGX-2500SP)で作成したものを、左のシャープペンシルと比較した画像です。

Punch Mirror

45°曲げパンチ 鏡面仕上げ 材質超硬Ra0.03

PG加工機(PGX-2500SP)で作成したものです。

surface treatment

コネクタ端子金型用カキアゲパンチ+抜きダイのDLC表面処理 Hv7000 膜厚0.7μ

PG加工機(PGX-2500SP)で処理した製品です。

最先端設備による高精度プレス金型部品加工はエム・ディー精密へ

精密プレスのエキスパートが手がけるエム・ディー精密のプレス金型用高精度プレートは、ピッチ精度±2㎛という圧倒的な誤差の少なさでお客様にご好評いただいています。設計から部品製作・組み立て・トライ量産まで自社で行える技術力があるからこそ、高品質・適正価格の精密プレス金型部品を実現できます。高精度なパーツを活かすプレス金型部品で、お客様にとってのトータルコスト低減に貢献いたします。詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。

高精度なプレス金型部品の加工サービスをご提供!エム・ディー精密

会社名 株式会社エム・ディー精密 英文社名:MD Precision CO., LTD.
代表取締役 立原 賢治
設立 1998年(平成10年)1月6日
資本金 2,700万円
住所 〒318-0004 茨城県高萩市上手綱3641−48
TEL 0293-23-8255
FAX 0293-23-8256
米沢工場住所 〒992-0021 山形県米沢市花沢3123−18
米沢工場TEL 0238-49-7561
米沢工場FAX 0238-49-7562
URL https://mdprecision.jp/
事業内容 精密金型部品製造加工、精密金属プレス金型設計製作、精密プレス加工製品生産
従業員数 53名